家に棲み着いてからでは遅い~早めの忌避剤使用で白蟻対策!~

白蟻から我が家を守るために!忌避剤を使って対策しよう 白蟻から我が家を守るために!忌避剤を使って対策しよう

忌避剤以外にも白蟻対策方法がある~家に入れさせない~

白蟻が家に棲み着いてからでは遅いです。早めの対策として忌避剤の使用がおすすめですが、実は忌避剤を使わなくても対策は可能です。白蟻を家に棲み着かせないために何ができるのか見ていきましょう。

白蟻が住み着く家の特徴について

湿気の多い家は白蟻が好みます(白蟻駆除業者)

冬場に使うことの多い暖房ですが、暖かくて快適な家は白蟻にとっても活動しやすい環境なのです。また、外気との温度差で発生した結露は、室内や建材に湿気を与えます。湿気を帯びた状態を白蟻は好むため、要注意です。暖房を使用する際は、湿気と結露の対策も行ないましょう。そのため、加湿器は使わない方が良いです。また床下暖房の設備を取り入れている家は、床下の設備に不備がないか、床下の白蟻対策が十分かどうかを確認しましょう。白蟻駆除業者か白蟻対策に詳しい施工業者に、設備をチェックしてもらうと良いでしょう。

白蟻対策で気を付けておきたいこと

掃除

まずは迷信を信じないことです。「ヒノキの香りやマイナスイオンは白蟻を寄せ付けない」などが挙げられます。科学的根拠のあまりないものを過信してしまうと、被害を見過ごしてしまいかねません。壁体内通気や基礎パッキンも完璧ではありません。被害の出やすい地域では、特に気を付けた方が良いでしょう。定期的に白蟻対策を見直すことが大事です。定期点検を行なうことで、白蟻による被害を防いだり抑えたりすることができます。暖かい床下に白蟻が侵入すると、一年中活動できることになるので被害も甚大になるでしょう。できるだけこまめに掃除をして、白蟻の餌となる木材やダンボールが家の周りに置かれていないかどうかも注意して見ましょう。ちょっとした意識で、白蟻の棲み着きにくい家にすることができます。

TOPボタン